Our Mission

Shipsmast®にしかできないこと。

Shipsmast® は女性釣り人にとって必要なアイテムを世に送り出すため、自身も釣り人である 金子 マミ が2010年にスタートした、女性のための釣り用品ブランドです。

創業以来、その商品が本当に女性釣り人にとって必要かどうか、という点で熟考を重ねた上に企画開発を行っています。

それは、女性釣り人に必要とされる物「だけ」を作る活動こそ、私たち Shipsmast®にしかできないと信じているからです。

“カワイイ”と同時に必要なこと。

“男性用アイテムのサイズダウン”や“カラーバリエーションを増やす”だけでは、女性が本当に必要としている釣りアイテムにはならない、というのもShipsmast®の大事な考え方です。

“カワイイ”だけでは解決できない、快適性の追求や釣り場コンディションも含めた様々な課題にも、Shipsmast®は真正面から取り組んでいます。

Shipsmast History

 

2010 4月・遠征釣りで滞在していたハワイ州マウイ島にてインスピレーション得た金子マミが、機能性をもったレディースフィッシングアパレルの企画をスタート。12月・ 株式会社プラスエムを設立しShipsmast®を商標登録。 “晴れの日に着る防水ワンピース”を含めた透湿防水ウェアの1stモデル“moana”シリーズの製造を開始。
2012 「横浜国際フィッシングショー2012」に於いて初の“女性用フィッシングウエアブランド“として出展。”moana”シリーズに加え、透湿防水素材を使用したライダースタイプショートジャケットや、ヒップまでカバーするロングジャンケットなど、機能性とデザイン性を兼ね備えた2ndモデルをリリース。
2013 3rd モデル“DENIM”シリーズをリリース。デニム調の透湿防水素材を使用したサロペットを軸に、ショートパンツ、ハーフパンツなど従来の釣り用ウエアには見られなかったタウンカジュアル・ルックのレディースアイテムと併せ、UVカット素材を使用した“フィッシンググローブ”を発売。
2014 Shipsmast®をメインとした釣りセレクトショップ“Mamaʻs Fishing House”を自由が丘本社前にオープン。釣具メーカー・株式会社Yamariaの協力を得て“女性のための釣り教室”を共催。
2015 防水性・防汚性に優れている点で漁業者や沖釣りエキスパートに愛用されている、 PVC素材を使用した“Shipsmast®マリンウエア”を発売。オリジナルパターンと豊富なサイズ設定で、様々な女性の体型にフィットする本格的フィッシングウエアとして定番化をスタート。
2016 マリンウエアにカラーバリエーションを追加。マリンウエアはジャケット6サイズ、サロペット7サイズ、全6色展開に。色やサイズの選択肢が少なかった従来のフィッシングウエアと一線を画し、女性船釣りファンから多くの支持を得る。横浜フィッシングショー2016でプロネイリストによる“釣りモチーフ・ネイルアート”を女性来場者に無料サービス。
2017 撥水ウエアやUVカットのトップス、保温アンダーウエアなど、防水性以外の機能をもたせたレイヤリングアイテムを強化。フィッシンググローブのラインナップに耐寒素材タイタニュームを採用したウインターグローブを追加。横浜フィッシングショー2017では“落ちにくく直しやすい釣りメイクセミナー”を開催。
2018 Shipsmast®初のショアフィッシング用品として、ゲームベスト“FV1 フローティングベスト”を発売。また“釣り”をテーマにしたデザイン雑貨『PechePeche®/ペシュペシュ』を姉妹ブランドとしてスタート。神奈川県・平塚港にてキハダマグロとカツオを メインターゲットとした女性限定釣り大会“Shipsmast® CUP 2018 マグロチャレンジ”が開催された。
2019 オフショアフィッシングでの船体の衝撃リスクを軽減する“Shipsmast®プロテクターレギンス”を発売。定番アイテムに加えUVカットアイテム、防寒アイテムなどのラインナップを更に強化。9月に “Shipsmast® CUP 2019 マグロチャレンジ”を開催。
2020 マリンジャケットのカラーバリエーションにネイビ×ターコイズとオレンジ×イエローの2色を追加リリース。